Last updated 2017-01-05

研究会・学会

死の臨床の現場・地域に根ざした、九州地区のターミナルケアの研鑽と啓発に励み、患者・家族に対する真の援助の道を全人的立場から研究していくことを趣旨としてあげています。

  • 〒811-2205 福岡県粕屋郡志免町別府58
  • 福岡亀山栄光病院内
  • TEL/FAX 092-931-2124(事務局専用)
  • TEL 092-935-0147
  • FAX 092-936-3370(病院代表)

終末期ケアの改善およびより良いケアのあり方を研究し普及することを目的とした研究会

  • 〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-18-34-601
  • TEL 03-3984-3291 FAX 03-3984-3292

さまざまな活動を通じて終末期医療のあり方について考え、「死」についての権利と「自己決定権の確立」をめざして活動を推進する会

  • 〒113-0033 東京都文京区本郷2-29-1-201
  • TEL 03-3818-6563 FAX 03-3818-6562

死と直面されている患者さんやそのご家族への具体的な援助を考え、実践していき、社会への啓蒙をはかることを目的とした研究会

  • 〒730-0051 広島市中区大手町3-13-6-304
  • ターミナルケアを考える会 広島事務局
  • TEL 082-545-3140 FAX 082-545-2395

死の臨床について、医療者だけでなく患者、家族、一般市民も一緒に考えていこうと発足した会

  • 〒246-0021 横浜市瀬谷区二ツ橋町360-8 高野陽子方
  • TEL/FAX 045-369-3036

本会は一回限りの人生を豊かな心で過ごすために、宗教や思想、職業や年齢の枠を越え、「生かされていることと死ぬこと」についてそれぞれの立場で考え、学び合って参りたいと願っております。

  • 〒661-8530 兵庫県尼崎市若王寺2-18-1
  • 英知大学人間学研究室内
  • TEL 06-6492-9826 FAX 078-805-5306
  • <火・水・金:10:00-16:00>

旧福島県緩和医療懇話会が名称変更いたしました。がん診療連携拠点病院の緩和ケアチームを中心にした研究会です。

  • 〒960-1295 福島県福島市光が丘1
  • 福島県立医科大学医学部 麻酔科学講座内
  • (代表)佐藤 薫
  • TEL 024-548-2111(代)

医療者のみの考え方や従来の医療の在り方に捕らわれず、広く市民や介護福祉関係者、医療者とが交流を図りながら、様々な立場からの意見を傾聴するための機会とする研究集会を春と秋に年2回開催しています。医療者のみならず、市民や介護福祉関係者の方々のご入会を願っております。

  • 〒004-0801 札幌市清田区里塚1条2丁目20-1 札幌南青洲病院内
  • TEL 011-883-0602(病院代表) FAX 011-883-0642
  • shinorinsho-hokkaido@nifty.com(支部Mail)

人は最期まで安らかに生きるべきです。本財団は、ホスピスおよび緩和ケアに関する調査および研究を行うこと等により、ホスピス・緩和ケアの発展に貢献し、もって国民の保健医療の向上に寄与することを目的とし、2001年1月に発足いたしました。

  • 〒530-0013 大阪市北区茶屋町2-30
  • TEL 06-6375-7255 FAX 06-6375-7245

メーリングリスト

癌研究者、医師、看護婦、ソーシャルワーカーなどの医療従事者、癌患者、その家族などが自由に意見・情報を交換するメーリングリスト

「ホスピス」「緩和ケア病棟」「一般病棟」で、「がん看護」「緩和ケア」に携わる看護職をはじめとする医療者のためのメーリングリスト

個人

横浜市瀬谷区で在宅ホスピス医として働いている小澤先生が、ホスピス、緩和ケア、ホスピスから学ぶいのちの教育などについて紹介しています。

東京大学大学院人文社会系研究科の清水哲郎先生が、哲学者としての視点で、研究活動、医療現場の諸問題について紹介している

組織・施設

ホスピス・緩和ケアの啓発・普及やホスピス・緩和ケア病棟の資質の向上を目的とした全国ホスピス・緩和ケア病棟連絡協議会が発足

  • 〒259-0151
  • 神奈川県足柄上郡中井町井ノ口1000-1
  • ピースハウス病院内
  • TEL 0465-80-1381 FAX 0465-80-1382

PCU(Palliative Care Unit)は日本語で「緩和ケア病棟」といいます。がんによる心や身体の痛みや苦痛を取り除くことを希望している人が入院できます。

がん患者さんが、その人らしい"生"を全うできるように援助しています。

  • 電話 (06)6322-2250(代表)

「インフォームドコンセントだ、なんだかんだと難しい話をする前に、患者や家族の素朴な疑問や心配事に付き合ってくれる『駆け込み寺』みたいな病院があったらいいのに…」 との思いを、痛切に感じてできたのが「ひまわりクリニック」です。

  • 〒112
  • 文京区小石川 5-4-13 サンフラット茗荷谷305
  • Tel: 03-3941-9024 Fax: 03-3941-9462

家庭的な環境の中で、痛み・体のだるさ・不安などの症状をやわらげ充実した日常生活が過ごせるように、スタッフ一同、努力いたします。

平成9年10月には、16床の緩和ケア病棟を開設しました。

  • 長野市大字鶴賀1044―2
  • TEL 026-226-3863 FAX 026-223-7168

医師、看護婦をはじめとしたスタッフとの信頼関係を基盤に、総合病院内にあるという特色を活かして、それぞれの方に最も適した治療を、ご本人およびご家族の同意のもとに進めていきます。

1996年5月からスタート。在宅ケア、在宅ホスピスケア(訪問診療、訪問看護)とペインクリニック、内科、呼吸器科の外来を主業務とする診療所です。

  • 〒596-0046
  • 大阪府岸和田市藤井町1-12-5エアリーズ上野1F
  • TEL 0724-37-5811  FAX 0724-37-5836

美しい自然の中にある病棟で、スタッフが心を込めて、患者さんと御家族を支えます。

  • Tel 075-781-5191(代表)

平成10年12月26日、川崎社会保険病院(旧健康保険総合川崎中央病院)に緩和ケア病棟がオープンしました。

  • 川崎社会保険病院 緩和ケア病棟
  • TEL 044-288-2639(直通) FAX 044-299-1138

ホスピスケアを実践するクリニック、播磨ホスピス在宅ケア研究会事務局でもあります。

  • 〒670-0902
  • 兵庫県姫路市白銀町20 しらさぎビル4F
  • TEL 0792-22-6789 FAX 0792-22-6785

兵庫県初のホスピス病棟です。

  • 〒651-1321
  • 兵庫県神戸市北区有野台8-4-1
  • TEL 078-981-0161 FAX 078-981-7986

いのちを豊かに、それが私たちの願いです。

  • 〒780-8121
  • 高知県高知市葛島1-9-50
  • TEL 088-882-6205 FAX 088-883-1655

緩和ケア病棟をもつ信愛病院のHPです。

  • 〒204-0024
  • 東京都清瀬市梅園2-5-9
  • TEL 0424-91-3211 FAX 0424-91-3214
  • 〒400-0027
  • 山梨県甲府市富士見1-2-12
  • NPO法人 山梨ホスピス協会
  • TEL&FAX 055-251-3505

The Asia Pacific Hosupice Palliative Care Network(APHN)
アジア太平洋ホスピス緩和ケアネットワークは、次のような活動を通してホスピス緩和ケアを推進することを目的としています。 1.ホスピス緩和ケアプログラムの発展の促進と関連する領域における主導的活動 2.専門家の育成と一般社会への啓蒙 3.コミュニケーションの強化と関連する情報の普及 4.研究活動や共同作業の育成 5.他の関連する専門家や公共機関との協力の促進
APHNは2001年3月に法人化され、現在はシンガポールの国立がんセンター内の事務局を拠点として活動をしています

病棟リスト

緩和ケアを提供している施設(在宅ケア情報も含む)

  • 緩和ケアを受けるために
  • 緩和ケアを受けるためには、大きく3つの方法があります。
    1. ホスピス・緩和ケア病棟で受ける緩和ケア
    2. 自宅で受ける在宅ホスピスケア・在宅緩和ケア
    3. 一般病棟で受ける緩和ケア
  • この数年、ホスピス・緩和ケア病棟が増えてきました。また、在宅ホスピスケア・在宅緩和ケアを提供する医療機関も増えてきました。さらには、一般病棟でも緩和ケアチームによる緩和ケアを受けることができる時代になりました。
  • 新しい情報を提供するにあたり、日本ホスピス緩和ケア協会のご厚意により、「緩和ケアを受けられる医療機関を紹介しているホームページ」にリンクしました。ご参照ください。